花を持つ女性

うつ病患者への接し方を考える~周囲の理解が何より大切~

症状に影響する言動

看護師

本人を追い詰めない

家族や身の回りの人がうつ病になってしまったときは、その接し方に気を付けなければいけません。これを意識していなければ、本人の症状をどんどん悪化させてしまうかもしれないからです。うつ病というのは、積もり積もったストレスで発症してしまうことがほとんどです。責任感の強い真面目な人ほどなりやすい傾向があり、思うようにいかなければ全部自分の責任にしようとします。そのため、自分を追い詰めてしまうところがあり、悲観的な考えが抜けずに、食欲低下や不眠につながってしまうのです。こういった症状から、本人が悪い方向へ考えてしまうようなことを安易に言ってはいけません。例えば、症状が早く改善してほしい期待や、勇気づけるための言葉をかけたり、原因を追究しようとするのは止めておきましょう。うつ病の人にとって、こういった接し方は不安や焦りを感じてしまいます。本人のためと思っていても、接し方次第で心がますます不安定になってしまうこともあるのです。うつ病は非常にデリケートな問題でもあるので、どういう接し方をしていけばいいのか悩む人も多いかもしれません。特に家族であれば、他の人以上に心配してしまうのは当然です。ここで一番大切なことは、本人を追い詰めるようなことをしないことです。うつ病を診察する病院では、このような接し方も家族に指導をしているので、医師に相談していくのもいい方法です。

安心感のある自然な関係へ

うつ病の人に対して一番効果的な接し方は、余計なことをせずに見守るようにすることです。見守ると言っても普段通りの感じで接していくようにし、あえてうつ病に関することは何もしないようにします。うつ病になってしまうと、些細なことに敏感になるので、いつもと違う接し方にも悪い方へと考えてしまいがちです。逆に周りの人が気を遣ってしまうように見えるかもしれませんが、いつもの雰囲気を意識すれば特に気を遣うこともありません。そして、本人がうつ病について話してきたときは、話しを聞いてあげるようにしましょう。そのときに症状について触れるようにしても問題ありませんが、「頑張って」や「心配してる」などの言葉は追い詰めてしまう言葉です。なんとかなるという気持ちが余裕を感じさせるので、自然に受け止めていく接し方が安心感を与えていきます。うつ病は、人によってその改善する期間も違います。早くて1年で改善する人もいれば、数年かかる場合も珍しいことではありません。周りの環境によって改善を左右してしまうため、悪影響にならない接し方が大切です。治療をしている病院ではそういう環境も重視していくので、接し方を見直していけばうつ病の症状にいい影響になってくることもあるのです。