メディカル

うつ病患者への接し方を考える~周囲の理解が何より大切~

患者の周囲の人

悩む男性

周囲にうつ病を患っている人がいた場合、接し方には注意が必要となります。というのもうつ病は感情に障害を起こす病気ですので、普通ならば何でもないようなことでも激しく落ち込んでしまうことも少なくありません。そのため周囲の人は接し方が分からずに、どう対処して良いかで悩む人は多いのです。そこで今後は、周囲にうつ病を患っている人がいる人達のための、座談会のようなものも増えていくのではないでしょうか。近年ではうつ病は増加の傾向にありますし、それにともない接し方の悩みを抱えている人も増えてきています。とはいっても、うつ病患者というのは衝動的な行動をしてしまうことが少なくありません。そのため、目が離せないことも多くあります。ですのでネットを通じての座談会のような形なら、家にいながらにして参加できるので需要は高いような気がします。そうした場でなら接し方についての情報交換も簡単に出来ますし、何といっても同じ悩みを抱えた人が集まるわけです。ですので悩みを分かち合うことで、ストレス発散にも繋がるでしょう。うつ病患者と接することはストレスも多いものですので、こうした集まりは有効に働くような気がします。

うつ病の患者とうまく接している人には、いくつかの特徴が見られます。その中でも特に特徴的なのは、心の距離の取り方です。うつ病患者はどうしても悲観的になりやすいので、心の距離が近すぎると感情が先走ってしまうため、うまく接することができなくなってしまうのです。ですので「これは全て病気のせいだ」ということを常に頭に入れておき、客観的な立場での接し方を心がけている傾向が強くあります。また、何か話をしたり病院に連れていく際には、夕方に集中して行うところも見られるのです。うつ病は、朝方に最も強く症状が現れます。そのため朝方には喋るどころか、人と会うことさえ拒否することも多いのです。しかし、午後から夕方にかけて症状が和らぐ傾向にありますので、一番コミュニケーションの取りやすい夕方に集中して接するわけなのです。更にこれにはもう1つの意味あり、多少なりとも 行動する気力の戻る夕方に、患者から目を離さないといったことがあります。行動する気力が戻るということは、衝動的な行動にも出やすいということです。そのため夕方に接触を図ることで、そうした衝動的な行動から患者を守っているのです。心療内科へ足を運ぶことで、これらのようなうつ病患者への接し方や扱い方のアドバイスをもらうことができます。一人で悩まずに相談しましょう。また、患者本人を連れて、医療機関へ受診することが望ましいのですが、患者が嫌がる場合には無理強いはしないほうが良いでしょう。患者が不在でも相談に載ってくれる医療機関があるので、ネットで調べてみてもいいかもしれません。

症状に影響する言動

看護師

うつ病の人への接し方は、他の病気の場合と同じようにしてはいけません。心が不安定な状態になっているので、励ます言葉や行動はかえって不安にさせてしまうこともあるのです。病院ではそういう環境も治療の1つとして見ているので、本人を追い詰めない接し方が改善にいい影響をもたらしてきます。

View Detail

病気を知る事から始める

背のびする女性

深刻なうつ状態になる前に気分転換をする事は大事です。それでもうつになってしまったら早目の受診が重要です。うつ病と認めるのは辛い事です。しかし専門家の指導の下で適切な治療をすれば完治します。周囲の理解も必要です。接し方は温かく見守る姿勢で臨むと良いです。病気を理解し誰もがなり得ると考えれば簡単です。

View Detail

ケア内容とは

医者

うつ病の方との接し方では、本人を追い詰めないということが重要です。明るいイメージを持つように導くことで、治療のモチベーションがアップします。うつ病は真面目で責任感の強い方が発症しやすい病気です。そのため、接し方も精神科医や心療内科医のアドバイスを参考に工夫することが大切となります。

View Detail

メンタルケアを学ぶ

カウンセリング

「うつ病」というものに対しまして、世間ではだいぶ理解が広まっては来ていますが、しかしまだ十分ではありません。実にこの「うつ病」というものは、その知識だけではなく、その患者との接し方が重要で、それを間違えると、状況を悪化させる危険性もあるのです。

View Detail